GLOBAL PERSON 世界で通用する人材を育成し、社会に貢献する

  1. Home
  2. 採用情報
  3. 社員紹介 一覧
  4. 社員紹介(5)
  • 採用情報
  • グローバルパーソンとは
  • 社員紹介
  • 募集要項
  • エントリーフォーム

異業種からの転職を強みとする。 共通プロトコルは「職人気質」

高木 晶規

部署名:システム基盤部 北米支部
役職/職種:支部長

髙木 晶規

漆職人としての職人気質を持ったエンジニア

この業界は未経験でしたが、中途入社としてグローバルビジョンテクノロジーに入社し5年目となりました。主にネットワークの構築・運用・保守の業務に従事し、システム基盤部の副部長を任せられています。学生時代に情報処理や情報工学を学んでいたわけではなく、国立の教育大学の工芸系学科で漆芸を専攻、卒業後は飛騨高山で家具製作を学んだ後、漆塗りの職人として働いていました。 これほどの異業種からの転職ということで驚かれることも多いのですが、IT系エンジニアという職業に必要となる「職人気質」という点を活かすことができていると思います。これは「頑固」ということではなく、「情熱」と「プライド」という意味です。

転職のきっかけ

職業病で患っていた腰痛が1つの理由ですが、それよりも人間としての幅や自分の可能性を再確認したいという気持ちもあり、IT業界への転職を考えました。私はあまり器用な方ではない根っからの職人気質ですが、「エンジニア」という立場は、技術を売り物にするという点で漆の時と共通する部分があり、自分の力が発揮できる場が必ずあるはずだと思いました。

自身のグローバル化取組みについて教えて下さい。

周りに同調することばかりに意識を取られ、流されて日々過ごすのではなく、自分で立てた目標には自分自身で責任を持って進んでいくことです。また、日本だけの慣習にとらわれないよう常に意識して生活しようと思っています。日本のスタンダードがグローバルスタンダードではないこともありますので。

グローバルビジョンテクノロジーという土台

弊社では他のIT系中小企業と異なり海外への進路が具体的に見える(海外案件や国内英語案件への着任など)環境で仕事ができるので、グローバルスタンダードを再認識する機会に恵まれています。そんな環境での私個人としての目標は未経験入社の立場から実際に海外の案件への着任を実現し、さらにそこでの業務を拡張していくということです。また、副部長としての現在の目標は、社内エンジニアの質を高める働きかけと、グローバル案件の体制強化を行うことです。異業種からの転職組の自分だからこそ気付ける成長へのエッセンス、プロセスを今後もこの業界で模索し、社内外に展開していきたいと考えています。

過去のどのような経験が今に活きている?

ずばり、スキルや人間関係を一から積み上げていく粘り強さと環境への適応力です。 漆塗り職人からネットワークエンジニアに転向する際の苦労を乗り越えた経験は人間としての受け皿の広さにつながっていくと考えています。また、環境への適応力というのは異文化コミュニケーション力とも言えます。グローバルで戦うということは、英語ができるということだけではないと思っています。

海外で求められている日本人技術者

2012年11月にニューヨークへの出張がありました。現地で働く同僚の生の声を聞き、 また取引先のお客様と直接お話しをする機会を頂いたことで見えたことがありました。 それは、海外で働く日本人エンジニアはどこも人材が足りていない状況で、 今まさにグローバルに活躍できる技術者が求められているのだということです。 日本人、日本企業の良き文化をそのまま海外に持っていきたいお客様も多く、 そのような場合には、やはり我々に一番最初に声をかけてもらえるよう頑張りたいです。 日本国内だけで完結している業務に満足し、現状に甘んじのんびりしている暇はありません。 海外のマーケットでのニーズに答えられるよう自分自身が成長し、 メンバーの教育も急務として取り組んでいきたいと考えています。 ITインフラ系の業務に携わる為の知識はもちろん、語学力や文化的背景の異なる人々の多様性を理解し コミュニケーションが取れるようにならないといけません。

海外経験のある人材としてGVT応募者への一言お願いします。

GVTには日本特有の固定観念や改善を拒む風潮がありません。 私たちと共に世界における我々の強みを探していきましょう。 多くの社員がそれぞれに異なるグローバルなバックグラウンドを持っていますので、人材のユニークさも強みの1つです。
また、10年後のIT人材として生き残るために、国内外問わず、情報を収集する能力(英語ドキュメント含む)を身につけることが必要ですね。 目標を見失わず、自分の進むべき道を常に模索することで、自分自身をアップデートし続けていきたいです。

髙木 晶規

高木 晶規(Takagi Akinori) システム基盤部 北米支部 支部長

国立の教育大学で工芸系の学科にて漆芸を専攻。2年間の飛騨高山での家具製作と、4年間の漆塗りの職人としての経験を持つ。現在はCiscoやNokiaのネットワーク機器を中心に幅広くN/Wの構築や運用保守を担当する。同時に英語のスキルにも磨きをかけて、英文マニュアルも言語の壁と思わない、いつでも海外に飛び出せるグローバル人材。

  • 募集要項
  • 採用に関するお問い合わせ