日本人、日本企業のグローバル化をサポートし、日本に活力を提供する

  1. Home
  2. Company
  3. 代表からのメッセージ
  • ミッション
  • 代表からのメッセージ
  • 会社概要
  • 沿革
  • アクセスマップ

国際ビジネスをより身近に

インターネットは国際ビジネスをより身近に、また、より可能性の大きなものに変えたと言えます。例えば、最新のビデオサーバーを例に取れば、描画用の特殊なプロセッサーは米国製、ミドルウェアはフランス製、全体のシステム設計は日本でやり、製造は中国か台湾ということが実際に行われています。インターネットを使えば、開発中のアプリやソフトエンジンを24時間いつでもどこにでもすばやく送ることができ、さらに、電子メールや電話会議を使って様々な詳細情報をやり取りすれば、時差や距離にこだわることなく、おのおのの専門とコストメリットを生かして、より良いものをより短時間に設計・製造することが可能になるわけです。

一方、このようなグローバル規模の設計・製造の現場では、最終商品として完結していない半製品を複数持ち寄り、言葉や文化の壁を越えて協力して最終商品に仕上げなければならないという大きなチャレンジがあります。ちなみに、これを当社は「異文化エンジニアリング」と名づけています。通常の最終商品であれば、仕様と価格だけをしっかり確認すれば良いわけですが、半製品では技術レベルのかなり深い知識や理解力が要求され、さらにインターネットや電話を使ってリモートに正確にやり取りしなければならないとなると、言葉や文化の壁を越えた特殊なスキルが必要となります。

「異文化エンジニアリング」に対応可能な技術者のことを、我々は「ブリッジSE」(「国際間をブリッジするSE(System Engineer)」という意味で)と呼んでいます。当社は、まさにこの「ブリッジSE」を多数育成し、グローバル時代の特殊なエンジニアリング・ニーズに対応することで、皆様の国際ビジネスの立ち上げと拡大のために、少しでもお役に立つことができればと考えている次第です。

株式会社グローバルビジョンテクノロジー
代表取締役会長 天野雅晴

Profile

代表取締役会長 天野雅晴

株式会社グローバルビジョンテクノロジー
代表取締役会長 天野雅晴

カリフォルニア州立大学サンディエゴ校工学部修士課程修了後、1990 年Global Vision Technology, Inc.を米国シリコンバレーに設立、日米技術の架け橋としてのコンサルティング業務やベンチャーキャピタル業務を行う。主に上場ベンチャー企業をクライアントとし、IT業界における数々の事業提携、投資、M&Aの日米事業支援を行い、数百億円規模の含み益をもたらすことに貢献。2003年日本法人を設立し、「日本人技術者を世界で活躍させる」ことを目指す新事業をスタート。バイリンガル技術者を育成し、日本の外資系企業や在米日系企業などにエンジニアリングサービスを提供。著書に、『自分をグローバル化する仕事術』『シンプルでうまくいくコミュニケーションの技術』(共にダイヤモンド社)などがある。