GLOBAL PERSON 世界で通用する人材を育成し、社会に貢献する

  1. Home
  2. 採用情報
  3. 社員紹介 一覧
  4. 社員紹介(2)
  • 採用情報
  • グローバルパーソンとは
  • 社員紹介
  • 募集要項
  • エントリーフォーム

習うより慣れよ。
グローバルマインドは経験によって培う。

片山 泉

勤務地:国内
役職:システム基盤部部長

片山泉

グローバルで活躍することのハードルは高くない

3Gネットワークの商用化プロジェクトに携わり信号トレース機能などのプログラミングからスタートしました。当時はまだ規格が統一されていない部分も多く、トライアンドエラーの繰り返しで大変苦労したことをよく覚えています。
自身の技術的成長とともに、チームメンバーの管理やプロジェクトスケジュール、コスト管理などのマネージング業務も任されるようになり、外部ベンダとの折衝や社内のスケジュールマネージメントなど、技術的スキルとともに管理設計メンバとしてのスキル向上の機会にも恵まれました。設定が正常であればロジカルに動作するネットワークとは異なり、「人財」をベースとして動かすプロジェクトには様々な課題がありとても勉強になります。
 過去にはWiMAXを国際展開する業務に従事する機会があり、アジアや中南米へ、環境構築やデモンストレーションのための中長期の出張に出ることもありました。当時はそれほど英語を勉強していたわけではないのですが、現地で必要に迫られてコミュニケーションを続けるうちに、英語で会話することの度胸がつき、これが自身のグローバル化への原動力の1つとなっています。現在はシステム基盤部の部長として現場の管理、部員の管理を行いながら、後進の育成を行なっています。

海外で働くことの楽しさや魅力とは

やはり、未知の世界を経験できるということが一番ワクワクします。私の場合は初めての海外がブラジル出張だったので、全ての出来事が新鮮であり、不安や緊張を乗り越えて仕事を納めた時の達成感は格別でした。一緒にピンチを乗り越えた仲間たちは今でも私の宝物です。
また、異文化を知り、私とは異なるバックグランドを持つ海外の技術者の多様性に触れながら仕事をするということは、自分の経験や考え方の幅を広げてくれます。日本の常識は海外の非常識とは良く言ったものです。

海外出張で楽しかったことや苦労したことは?

ブラジルでは導入機器に対してのコンフィグレーション作業を行いました。日本で事前にリハーサルを行ったこともあり、作業は順調に進んで設定完了したのですが、実際に動かしてみると全く正常に動作しません。次の作業予定や帰国のスケジュールもあるのに、時間ばかりが過ぎていきます。途方に暮れました。結局は試行錯誤の末に自分の担当分野とは違う部分に発生している障害を突き止めることができました。本当にホッとしたことを良く覚えています。以降は視野を広くして仕事に取り掛かるようになりました。
タイも思い出深い国の1つです。旅行者もあまり立ち入らないようなエリアで、病院や近隣の診療所をネットワークで結ぶプロジェクトでした。タイ王室のプロジェクトに携わることができましたし、我々の持っている技術が地元の方々の生活に役立つことを目の当たりにできて良かったです。首長族の人々に出会ったことも軽いカルチャーショックでした。

グローバルパーソンとしての取り組み

部長としての立場から、なるべく多くの部員がグローバルなプロジェクトに携われるように、常に情報に敏感でいられるようにしています。機会があれば、どんどん背中を押してあげたいですね。 「まず、経験してみる」ということが「もっと知りたい」に繋がります。
また、かつて海外で共に仕事をした仲間達と今でもメールで近況報告しています。英文を書くのも、習うより慣れろだということが分かってきました。海外で培ったネットワークは大切にしたいです。
最近では会社が提供してくれている、オンラインの英会話レッスンにも休日に取り組んでいます。

グローバルパーソンを目指す応募者の皆さんへ

私自身の経験から、現時点でそれほど語学力に自信がなくてもグローバルで活躍することの大きなハードルにはならないと思います。何よりも必要なことは、自身を成長させるためのモチベーションを維持することと、目標に向かって成長するための「やる気」です。
グローバル・コミュニケーションというものは単に語学力に頼った意思伝達を指すだけではなく、場合によっては現場でのジェスチャーや図を示すことでも理解は得られます。必要なのはコミュニケーションをとるための方法を考えられるアイデア力なんですね。
グローバルビジョンテクノロジーには成長と活躍の舞台があります。我々と共に成長できる「やる気のある人材」との出会いを楽しみにしています!

主な一日の流れ

9:30 出勤、週次での会議、メールチェック、その日の作業の再確認
10:00  
13:00 ランチ(仕事のメールチェックは欠かさない)
14:00  
18:30 通常は終業予定
20:00 部長としてのマネージメント業務など
片山泉

片山 泉(Izumi Katayama)

約35名から構成される多様なバックグラウンドを持つ部員達の良き相談役。非常に高い日本のサービスクオリティをもってWiMAXの国際展開を推し進めた経験を持つ、弊社の代表的なグローバルパーソンの一人。 ブラジル、メキシコ、台湾、タイなどでの業務経験を持つ。 座右の銘は「鶏口牛後」。

  • 募集要項
  • 採用に関するお問い合わせ